西湘の生活

西湘の生活とは 西湘の生活 西湘の生活とは   西湘を遊ぶ 西湘の生活 西湘を遊ぶ   西湘を食べる 西湘の生活 西湘を食べる   西湘を買う 西湘の生活 西湘を買う   西湘に住む 西湘の生活 西湘に住む   西湘のブログ 西湘の生活 西湘のブログ   特定非営利活動法人「西湘をあそぶ会」 西湘楽座

西湘を食べる

西湘エリアのうまいもの・お食事処・レストランご案内

西湘で僕が食べに行くお店を紹介します。

ここで紹介するお店は僕が実際に行ったことがあるお店で、 おすすめのお店のみを記載しています。
(これから狙っているお店を宣言する場合もあるかもしれない)

☆をつけていますが、これは味などの評価ではありません。
単に僕の好き度合いで☆をつけています。
それは安かったり、雰囲気がよかったり、面白かったり要因はそれぞれ。

でも折角西湘に来たんだから、他の地域ではちょっと食べれなかったり、 西湘らしい食べ物が食べれたりするお店は☆を多くつけています。

☆☆☆: 友達を連れてよく行くお店
☆☆: たまに行く(シチュエーションによって利用するお店)
☆: ごくたまに行く 

鳥竹

☆☆☆
焼き鳥/3000円~/17:00~21:30くらい

カウンターだけのお店。開店と同時にすぐお客さんでいっぱいになる。
平塚では一番好きなお店。

おすすめは、つくね、皮、軟骨のから揚げ、腿のから揚げ、チキンライス。
特に腿のから揚げは僕には欠かせない。感動のあるから揚げ。
これくらい食べてしまうと、そこそこおなかがいっぱいになってしまうので、いつも同じメニューになる。
目の前の駐車場に一台だけお店の駐車場が用意されている。

【住所】 平塚市紅谷町17-16(MAP

【電話】 0463-21-0702

花水ラオシャン本店

☆☆☆
タンメン/350円~/木休/10:30~22:00

花水ラオシャンの本店。他にも支店があるけど、僕はここしか行かない。
東京では食べれないこの味。お酢が入った透明なスープに白い麺。
さらしたたまねぎのみじん切りのみ、タンメン350円。
この潔さが気に入っている。
半分食べたら、ラー油を入れる。底にたまった焦がし唐辛子を一緒に。

さっぱりした不思議な味に、最初はどうかなとも思うけれども、しばらくすると…もう一度食べたくなる。
という具合に徐々にはまっていく。
もう一回食べてもいいかなと思ったら、その日からあなたはラオシャン信者になる。
一度は行くべし

【住所】 平塚市花水台31-5(MAP

【電話】 0463-36-0269

ゆうちゃん


居酒屋/950円~/

居酒屋だが、昼は刺身定食が味わえる。
友達に刺身定食をねだられると、ここにくる。
なかなか美味しい。
変に飾っていない感じが気に入っている。(07年11月)

【住所】 平塚市撫子原9-41

【電話】 0463-32-9990

杉本

☆☆☆
鳥料理/650円~/月休/12:00~14:00、17:00~19:45

大磯駅から小学校のほうに向かって降りていった、国道一号の手前。
古風な店構えで一見高そうに思うが値段はいたってリーズナブル。

富士山麓の地鶏を使用した鳥料理。
人気は鳥定食(1150円)だけど、僕は丼物がおすすめ。

きじ丼、立田丼、博多丼(各650円)の3種類。僕はよく立田丼を食べる
ご飯の上に茶葉、その上にあげたての鳥の立田揚げがのっている。
鳥はやわらかく、とてもジューシー。ここの揚げ物はおいしい。
ただ、最近ちょっとしょっぱめかな。
さっぱりめが食べたい場合は博多丼。ポン酢につけた立田をご飯にのっけたもの。
鳥わさ(450円くらい?)もかかせない。
夜が早いので注意

【住所】 中郡大磯町大磯1186 (MAP

【電話】 0463-61-0444

さぬきうどん讚州


うどん/600円~/

大磯小学校前。駅から徒歩すぐ。
夏の暑い日にごくたまに冷たいぶっかけを食べる。
昔はもっとコシがあったような気もするけど、気のせいかな。
正直に言うとぶっかけしか食べたことがないけど、
僕はてんぷらがのったやつを好んで食べている。(07年11月)

【住所】 中郡大磯町大磯1161-19

【電話】 0463-61-1623

はやし亭


とんかつ/1000円~/水、第3木休/11:30~(L.O.19:30)

鴫立庵隣。ハヤシライスととんかつがいただける。
僕はロースカツ定食(1000円)をいただく。衣もさくさくで予想以上においしかった。

ここでのおすすめはテラス席。
鴫立庵の隣なので、裏の鴫立沢を見ながらご飯が食べれる。
沢の水音を聞きながら、ゆっくりするのもなかなか。
大磯で「とんかつを食べたい!」と思うことが少ないのであまり利用しないけど、たまにはいいと思う。

【住所】 中郡大磯町大磯1292(MAP

【電話】 0463-61-0516

国よし


うなぎ/3900円~/水休 第2、4木休/11:30~18:00/P5台

うっかりすると通り過ぎてしまうお店。
国道に面しながらもひっそりと佇んでいる。

注文を受けてからさばくので、時間が大分かかる。
小さい頃食べに来たときには天然うなぎといっていたような気もするが、
今は薬等を使わずに育てた養殖ものを使っているとのこと。

なかなかいいお値段だ。気軽には行けない。
吉田茂が愛し、昭和天皇も召し上がっていたそうだが、
そんな気分を味わうお店かもしれない。(07年11月)

【住所】 中郡大磯町大磯 1085

【電話】 0463-61-0423

蔵にて

☆☆
カフェ/600円~/11:00~17:00/P25台

大磯の老舗旅館「大内館」の敷地内に建つ大正時代の蔵。
その内部を改装したコーヒーラウンジ。
決して広くはないが、落ち着いた雰囲気にゆったりとできる。
名物の自家製のチーズケーキがある。
大磯では貴重な喫茶店。(07年11月)

【住所】 中郡大磯町大磯1083

【電話】 0463-61-0144

ビストロ・ノーブル

☆☆
フレンチ/昼900円~、夜4000円~/火休/12:00~13:30(LO) 17:30~22:00(LO)

大磯高校の近くのフレンチ。
1階カウンターは特に雰囲気がいい。

ランチは900円から食べれる。
しっかり楽しみたいならば、1500円のコースがおすすめ。
夜お酒でも飲みながら、アラカルトで楽しんでみたい。(07年11月)

【住所】 中郡大磯町東町2-8-15

【電話】 0463-61-0557

たけよし


和食・居酒屋/2500円~/無休/18:00~24:00(L.O.23:00)

夜の早い大磯において遅くまで飲める貴重なお店。
大磯プリンスの前。

広いとはいえないけれど、庶民的な雰囲気に落ち着ける。
もちろん、魚料理がおすすめ。
刺身等もおいしいけど、コロッケなどの惣菜もおいしい。
ちなみに焼酎も種類がある。
ただ、出てくるのが遅いのが難点。
大磯警察が近いので、飲んで捕まらないように注意しよう。

【住所】 中郡大磯町国府本郷51-3(MAP

【電話】 0463-71-2285

天史郎寿司

☆☆
和食・寿司/2100円~/

小田原駅の西口の程近く。
決してきれいとはいえない外観だが、地魚の美味しいお寿司が食べれる。

おすすめは地魚にぎり2100円だ。
その日小田原で取れたものだけを握ってくれる。

もちろん、お刺身を頼んでもいいし、自家製のいわしの干物をあぶってもらっても美味しい。
丹沢山でものみながら、ゆったりしたい。(07年11月)

【住所】 小田原市城山1-6-80

【電話】 0465-34-0832

はげ八鮨

☆☆
すし/1050円~/火休/9:30~19:00

湯本店もあるが、小田原駅近く、少々わかりづらいビルの2階。
こんなところにうまい店があるのか?と不安になる。

店内に入るとお店には人がいっぱい。
母上のアドバイス通り予約しておいてよかった。
食べるのはおまかせ丼。その日取れた地魚がいっぱいのって1050円。
新鮮で美味しい。セルフだけどコーヒー付。
おばちゃんが元気のいいお店。

【住所】 小田原市栄町2-9-46 オービックビル2F

【電話】 0465-22-0945

大学酒蔵

☆☆☆
和食・居酒屋/3000円~

コの字のカウンター、壁には料理名が書かれた紙がかかる。
90歳をこえたおじさんが元気に仕切る。

決して凝った料理が出るわけではないけれど、小田原で取れたものを食べさせてくれる。
酒飲みにはたまらないメニューばかり。
生シラスや生桜えびを食べる。しょうがをかじりながらお酒をちびちびいただく。
名物のネギトロメンチもいただこう。
家族で行ったりデートで行くような雰囲気ではないけれど、
友達と肩を組んで飲むにはいいお店。

【住所】 小田原市本町2-14-3(MAP

【電話】 0465-22-4573

森羅本店

☆☆☆
中華/800円~/火休/11:30~14:00、17:00~22:00

小田原で四川料理が食べれる店。
国道一号線沿い、本町の交差点の手前。

ランチは800円くらいから食べれるが、餃子がつくセットがお得。
坦々麺がおすすめ。(07年11月)

【住所】 小田原市本町2-14-16

【電話】 0465-23-0318

小田原おでん本店

☆☆☆
おでん/1000円~/無休/平日16:00~22:00、土日12:00~22:00

小田原おでんが食べれるお店。
小田原おでんとはかまぼこ屋13社協力のもと生まれた小田原の新名物、というべきか。
各社一品づつ具を提供しているらしい。
普段のライバルがひとつの鍋の中に煮られているというのが面白い。

だしは昆布とかつおを贅沢に使用、あっさりと上品な味。
梅みそをつけていただくのが、特徴だ。

真っ暗になった道に、ぽつんとちょうちんが灯っている。
暖簾をくぐり店内に入ると、大人な雰囲気。
カウンターもいいが、店内奥の中庭を抜ければもともと茶室として
利用されていた部屋があり、個室として利用できる。そこがまたいい。
料理はにじり口から提供されるのが面白い。
一旦暗い庭を通り抜けて部屋に入る離れ感覚がたまらない。

しっぽりしたいときにおすすめ。
おでんだが、ちょっとした会食にも使える。(07年11月)

【住所】 小田原市浜町3-11-30

【電話】 0465-20-0320

CIBO & CO

☆☆☆
イタリアン/1500円~/木休・第3水休/12:00~14:00/18:00~22:00 (L.O.21:00)

小田原で好きなイタリアン。
大正時代の建物、内装もおしゃれだ。

ランチは1500円からで、前菜、パスタ、デザート、飲み物付。
味はもちろん、量も満足できる。

青山?とは言わないが、小田原にいる感じがしない。
いや、城下町だけでないこの懐の深さが本当の小田原なのだろう。
店内から見る国道一号線もいい雰囲気に見えるのだから不思議だ。

デートでも家族とでも使える。
時間をとってゆったりしたいお店。(07年11月)

【住所】 小田原市南町3-2-53

【電話】 0465-24-3552

ギャラリー&カフェ 空

☆☆☆
カフェ/630円~/無休/10:00~19:30

慈眼寺門前のカフェ。
お寺の前にこんな雰囲気のいいカフェがあることに驚く。

珈琲も美味しい。僕はいつも空ブレンドを頼む。
器なども凝っており、気持ちのいいひと時を過ごせる。

広さも十分なので、打ち合わせにも使えるお気に入りのカフェ。(07年11月)

【住所】 小田原市城山2-27-12

【電話】 0465-24-3552